理事長挨拶

上村理事長

宮 城 県 料 飲 業 団 体 連 合 会 会 長
仙台中央地区風俗営業等暴力団追放対策協議会会長
宮城県風俗営業等暴力団追放対策協議会会長
仙台中央地区防犯協会連合会副会長
宮城県生活衛生営業指導センター副理事長
宮城県生活衛生同業組合連合協議会会長
宮城県社交飲食業生活衛生同業組合理事長
上村  孝

育成力、現場力、受信力、発信力の4つを強化して打つ手は無限

明けましておめでとうございます。

平成30年の新しい年を皆様お揃いでお迎えになられました事を心からお祝とお慶び申し上げます。

昨年は組合推薦企業・関係各位・又組合員の皆様に、感謝してもしきれないご恩とご支援、ご協力を賜りました事に、心から感謝と御礼を申し上げる次第でございます。

私共、お客様のおもてなしを生業とする業界団体として受動喫煙防止に異論を唱えるものではなく、傘下の飲食業界団体において「望まない受動喫煙防止」を目的に、店内の喫煙環境を店頭等へステッカー等で掲示する取り組みを進めております。なぜならこの取り組みはどのような店舗でも実施することができ、かつお客様にとって、もっとも有効で実効性があると確信して、5千枚超のステッカーを作成配布しました。

是非とも行政のお力をお借りし前進させてまいりたいと考えております。

少子高齢化と人口減少が激化する今後、選ばれる店、選ばれない店の二極化がさらに進み、こうした環境に適応するには各店舗の努力と、業界全体のレベルアップをすることが必要であります。

育成力、現場力、受信力、発信力の4つを強化していくことが大切なことになります。

競争を超えた共生への意識転換が重要であり、つながる力、絆を発揮し束になってかかればまだまだ打つ手は無限と考えます。

組合員減少や営業再開を支援する、沿岸部支部強化による復興支援事業を強力に推進して4年目となり、一層努力をして新支部設立に向けて頑張ります。

本年も組合員と役員が一丸となって、社会に本当に必要とされ、誰からも愛され誇りある組合を目指して参ります。

年頭にあたり皆々様の益々の弥栄えとご健勝、ご多幸を祈念申し上げて挨拶といたします。